Web系でよく使われる言語のPHPってなに?プログラミング初学者にもオススメ?

スキル

PHPはそのまま「ピーエイチピー」と読みWeb系バックエンドの言語としてよく使われる言語の一つです。

ブログで有名なWordPressも元々はPHPで作られているソフトウェアになります。

この記事では現役WebエンジニアでPHPを使っている私が、未経験の方に向けてプログラミング言語PHPについて説明します!

スポンサーリンク

PHPのオススメ度は?

オススメ度

PHPのオススメ度は満点の星5です!

その理由について次から説明します。

PHPのオススメ度が満点のわけとは

学習難易度

PHPは初学者でも勉強がしやすい言語です。

学習難易度の低さからかPHPを書ける人も多いため、勉強する上で何か困ったらGoogleなどで検索をすれば情報についても比較的見つけやすい言語です。

知りたい情報について検索すれば出てくるので、わからないから学習を途中で断念するということが少なくなるため初学者でも勉強がしやすい言語ということです!

利用頻度

PHPが使われているWebサービスはとても多く、そういった意味でも未経験者が転職する際に割と求人は探しやすい言語といえます。

未経験からWebエンジニア、バックエンドを目指す人にとって、まずPHPを書けるようになっておいて損はありません。

PHPが使われているWebサービスは多い

PHPはWebアプリケーションを作ることを想定されて開発された言語ですので、動的なWebアプリに特化した機能が多く実装されています。そのためWebアプリケーションを開発するときの言語の選択肢としてPHPが選択されることが多いです。

またPHPには「Laravel」というとても有名なWebフレームワークがあります。

このLaravelというフレームワークを使うと、複雑なWebアプリケーションを最初から作らずともインストールした段階で、ある程度まで作り上げてくれます。

またLaravel用のオープンソースライブラリも充実していて、人材不足に悩んでいる企業でも少数チームでWebアプリケーションをのサービスを開発できるため多くのサービスで選定されているフレームワークになります。

これもPHPが採用されているサービスが多い一つの理由と言えます。

まとめ

今回はPHPについて紹介しました。バックエンドエンジニアを目指す方が一番はじめに学ぶ言語としてはとっつきやすく、インターネット上に情報もたくさんありますので比較的勉強のしやすい言語だと思います

未経験からWebエンジニアを目指す方は、PHPとLaravelを勉強されることをオススメします!

スキル
スポンサーリンク
この記事がいいと思ったらポチッとお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
この記事がいいと思ったらポチッとお願いします
ブログランキング・にほんブログ村へ
シェアする
フォローする
CHALLENGE WEB ENGINEER
タイトルとURLをコピーしました