Webエンジニアはキツいといわれる理由は?現役Webエンジニアが解説します

Webエンジニアってキツい? Webエンジニアとは

未経験からWebエンジニアを目指す方はWebエンジニアがキツいという言葉を一度は目にしたことがあるのではないでしょうか?

この記事ではなぜWebエンジニアはキツいと言われるのか、果たして本当にそうなのか解説していきます。

スポンサーリンク

キツいと言われる理由

Web系で使われる技術の進化が早いから?

Web業界は比較的新しい業界なので、どんどん新しい技術が開発されています。そのため技術の流行り廃りが激しく一度技術スキルを身につければ安泰というわけではありません。

当然日々技術を学んでいく必要がありますので、その辺りがキツいと言われている理由でしょうか。

残念ながらこればかりは近道はありません。しかし基本的には全て基礎的なプログラミングの応用になっていくので、基礎力が一番大事ということはハッキリ言えます。

幸い現代ではオンライン学習サービスやプログラミングスクールなど、学習するためのコンテンツはいくらでもありますので、気になる技術や必要となった技術をコツコツと身につけることで解決できます。

人手不足だから?

Web業界は全体的にエンジニア不足です。そのため人手が足りない企業などでは納期ギリギリになると残業が発生することもあるでしょう。

逆にいえば業界として人手不足なので求人はあります。スキルがあれば転職はしやすい業界です。当然一つの企業に固執する必要はありませんので、一長一短といったところでしょうか。

そもそも性格がWebエンジニア向きではない

これはそもそも根本的な問題なのですが、性格がWebエンジニア向きでないというものです。自分に合っていないことを仕事にしていたらキツいと思ってしまうのも分かります。

どんな人がWebエンジニアに向いている人、向いていない人の特徴については下記の記事で詳しく解説しています。

結論

ここまでWebエンジニアがキツいと言われる理由についてあげてきました。

結局のところWebエンジニアはキツいのか?

それに対する私の答えはNOです。

はっきり言ってしまえば、Webエンジニアは未経験からでもスキルさえ身につければ活躍できる業界で、スキルさえあればいい条件の企業に転職することも、経験者を追い抜くことすらも可能な実力主義の世界です。

未経験からWebエンジニアを目指す方はぜひ「Webエンジニアはキツいからやめておけ」という言葉には耳を傾けないようにしてほしいと思っています

そして学ぶことをやめないようにしてください。この業界でやっていくには技術力、実力が全てといっても過言ではありません。

スキル、実力があれば稼ぐにはもってこいの業界です。

タイトルとURLをコピーしました